吉運堂について

HOME > 吉運堂について > 心と技に魂を込めて

心と技に魂を込めて

県内を中心とした隣県はもとより、東北・関東にまで延びる販売エリア

受け継がれる伝統・最高の技

吉運堂は「匠の心・伝統の技」に魂を込め、心の拠り所に相応しい仏壇・仏具造りに邁進してまいりました。伝統の技に加えて現代の生活様式に合わせた価値を付加することで歴史の積み重ねの結晶として今日の吉運堂を築き上げて参ったと自負しております。

目まぐるしく変化する時代を生きる私たちは、しばしば「新しい」「古い」という価値観にとらわれて「もの」に対して想いを廻らす時間を失ってしまいがちです。吉運堂は「歴史と現代の共生」をテーマに、時代が変わっても色褪せせず受け継がれてゆく「人の心」と変化する生活様式、また先端技術を融合させ、いつでもお客様の「想い」を一つ一つ共有しながら日々歩んでおります。

お参りすることは古来より日本人の原点であり、自身の生き方や考え方を省みて、自らの過去と未来に想いを廻らせる時、先人が築いた偉大な遺産を知ることが出来ます・・・。これからも仏教を暮らしに活かした豊かな心の創造を、地域社会の発展につなげてゆけるよう精進し続けてまいります。

代表取締役 吉田 竹也

代表取締役 吉田 竹也

経営理念

私たちは「仏教」を通して、人・社会・文化に貢献する会社を目指します。

精神文化の継承

古代より日本人の中に生き続け、心のよりどころとなってきた仏教。吉運堂は営業活動を通じて精神文化の創造を行い、仏教を暮らしに生かした豊かな心を大切にするとともに、地域社会の発展に努めていきたいと考えています。

ページトップへ