おすすめ商品

「印伝」は、古くから甲州「山梨県」に伝えられた皮工芸です。鹿革に漆で模様をつける漆つけ技法をはじめ燻(ふすべ)技法、更紗(さらさ)技法などが伝承されています。 この伝統技法を駆使した多種多様の印伝の品々を、県内どこよりも多くの品揃えでお待ちしております。

 

[an error occurred while processing this directive]

 

吉運堂のページへ サルナートのページへ

私たちは伝統を守り続けます

手のぬくもりの大切さを伝える「伝承の館」

世界に誇る日本の精神文化を再認識して欲しい。脈々と受け継がれる匠の技のすばらしさを絶やしたくない。


「伝承の館」は、そんな思いから生まれた空間です。
平成8年9月、吉運堂白根本社敷地内に完成。以来、新潟県内はもちろん、県外・海外からの来館者も増えています。

 

全国の伝統工芸品を集めた展示館の誕生は民間企業としては全国でも初めての試みとして各方面から注目を集めています。

伝統工芸品フロア

通産大臣指定の伝統工芸品を展示

経済産業大臣指定の伝統的工芸品を展示。卓越した意匠と共に、匠の技がつくり出す確かな白根仏壇の他、全国の伝統工芸品を一堂に集めました。まさに伝統工芸の里を巡る旅が居ながらにして楽しめます。今こそ伝統的工芸品だけが持つ美と技の違いを、あなたの目でお確かめください。
また、お香や瞑想室でリラクゼーション効果も体験できます。

通産大臣指定 伝統的工芸品とは

産地からの申請により、経済産業大臣が次の条件のすべてに合っていると認めた工芸品です。

  1. 主として、日常生活に使われるもの。
  2. 主要工程が手づくりであるもの。
  3. 100年以上前から続いている技術や技法で作られたもの。
  4. 100年以上前から使われている原材料を使っているもの。
  5. いわゆる産地が形成されているもの。

伝統マークとは

経済産業大臣指定伝統的工芸品につけられるマークです。伝統マークは、その工芸品の産地組合が経済産業大臣によって認められた方法で検査し、合格したもの以外はつけられないしくみになっています。従って、伝統マークがついた工芸品は生産者が誇りと責任を持って、皆様にお届けする品といえます。